子どもの夏休みに突入

未分類

来ましたよ。春休みがようやく終わったと思いきや夏休みが!まあ、コロナもあるし、休みの方が安心ちゃ安心なんですけど。
さあ、毎日考えます。今日は何をして疲れさせようと。
まずは手始めに、近所の公園を歩きに、何時も幼稚園出発する時間に、家を出ました。
いつもと生活ペースを変えないようにと思い、誰もいない公園に行くと、「暑いから帰りたい」と子供が言うのです。
しかも家を出て10分で。
出たよ、出ましたよ!この体たらく!まあ、夏だししょうがないのは分かるけど、とりあえず近所のコンビニを目指して公園を突っ切り、コンビニで涼んで塩分補給できるグミを買い、家路につきます。
とりあえずグミで喜んでくれたから、まずは良いとしよう。
で、帰宅して、子供たちは見立て遊びに突入し、そのすきに私はクラウドワークスを始めます。
で、宿題の脚本を書こうと思うと、子供たちが奇声を発して大げんかが始まるのです。
子どもの奇声は、思考力を停止させる効果があり、良いセリフなんて思い浮かぶわけがない!
「ああ、また一行も書けない・・」と思っていると、昼ご飯の準備の時間。
チャーハン作るしかない。
緑黄色野菜は全てチャーしちゃえば、問題ないのです。あとはみそ汁にも野菜をぶっこみ、たんぱく質はチャーハンのたまごにハムで良い!
幸いなことに子供はチャーハンが大好きなので「ママが作るチャーハンが大好き!」と言い、完食してくれます。
いや、美味しくしているのは、中華の素なんだよ・・大人になると、中華の素は万能だと思い知らされるよ・・と心でつぶやきます。
さあ、昼食も終わり、「昼寝しよー!」と誘えど、「眠くない」「遊ぶ」宣言が下され、私は宿題もクラウドワークスも出来ないまま夕方になります。
子どもの騒ぐ声を聞きながら、うとうとすると、なぜか子供達も寝落ち!!
タイミングわる!!
私もうとうとして身体も思考力も低下しているこのタイミングで、君たちも寝るの?
仕方なく、子供達と昼寝する羽目に。
さあ、このような堕落した、仕事も宿題も進まない夏休みが始まったのです。
世の中のお母さん、お父さん、お互い頑張りましょう・・。